10月26日(土) 新所沢講習会

10月26日(土)の午前は文京講習会を予定していましたが、台風接近により参加者のキャンセルがあったため中止となりました。
残念でしたがまた機会があれば開催したいと思います。

午後からの新所沢講習会は予定通り開催しました。
午後は試力、技撃椿を中心に練習を進めました。
全ての練習においてテーマとなったのは自己主体であるか対象主体であるかという点です。
対象主体の動作には接触した相手、実行対象としての型、自分の思い描く結果、効果が混入しやすくなります。
こうした相手、距離、自分という関係性を基盤した運動観に焦点が合うと中々そこから抜け出る事が出来ません。

夜間は基本拳式を中心に練習を進めました。
拳の根幹にある同時性と連動性について精査を進めました。
拳式の練習になると手順、構えを見がちですが、この時も運動の基から都度もたらされる流れを感受する事が肝要となります。
ここから平歩站椿、基礎試力、技撃椿の重要性や精査の方向性が明らかになります。

参加した皆さんお疲れ様でした。

次回の新所沢講習会は11月23日(土)になります。

埼玉での講習会のお申し込みは 埼玉分館 活動予定 よりお願いします。

=====

<埼玉・新所沢講習会>

◆講師 内田秀樹 準教練

◆会場 <埼玉・新所沢講習会>
◆会場 新所沢東公民館 (使用する部屋は「埼玉意拳同好会」で予約しています)
◆会場 西武新宿線 新所沢駅より徒歩7分

◆会場 ※ 通常使用している西口方面の公民館ではなく、東口方面の公民館です

◆会場 ※ 会場は借りているだけですので直接の問い合わせはご遠慮ください

◆日程 
11月23日(土) 18:15~20:45(初級教程・体験可)
◆日程 ※ 新所沢東公民館 6・7号研修室

◆定員 8名

◆会費 初級教程 3000円
◆会費 ※ 埼玉での講習会は会場費・講師交通費として別途300円

◆持ち物 動き易い服装、内履き、メモ