<初級訓練教程>

韓氏意拳の初級訓練教程は下記の通りです。
体験参加では「初級形体訓練」「平歩椿法訓練」まで体験可能です。

転載元:日本韓氏意拳学会ホームページ

● 初級教程

要点
初級教程の学習の目的は運動の能力を養成し、正確な運動のシステムを打ち立て、実践応用の基礎の部分を解決します。
初級教程は意拳の原始的な学理と訓練方法の基礎の上に、意拳が形成された歴史の軌跡を参照し、それらを整理したうえで科学的、合理的、実用的な学習体系と成っています。

● 初級教程内容

1、初級形体訓練
   ・前擺 
   ・後擺
   ・玉鳳飛翔(内旋、外旋)
   ・川掌
   ・横向
   ・蹲起
   ・前跪

2、平歩椿法訓練
   ・挙式
   ・抱式
   ・捧式
   ・推式
   ・按式
   ・劃式
   ・提式
   ・結束式

3、基礎試力
   ・前後試力
   ・上下試力
   ・左右試力
   ・外展試力

4、摩擦歩訓練
   ・上下
   ・前後
   ・左右
   ・内旋
   ・外旋

5、技撃椿
   ・順式
   ・逆式
   ・捧抱式
   ・托宝式
   ・大式

6、重心転換
   ・平歩左右転換
   ・大歩後方
   ・大歩前方
   
7、基礎歩法訓練
   ・跟歩
   ・三角歩(直接運用)
   ・三角歩(間接運用)
   ・小車歩
   ・赶歩(箭歩)

8、基本拳式
   ・U形転換
   ・自上向而下
   ・自下向而上
   ・中路向上
   ・中路
   ・錯位歓迎
   ・横拳

9、基本拳法訓練
   ・定歩崩拳
   ・抽徹歩崩拳
   ・崩拳
   ・横拳
   ・鑚拳
   ・炮拳
   ・劈拳

10、補助功法